男性を診ている医者
最新の投稿
クラミジアの放置は厳禁!放置の末に降りかかる可能性があるデメリット

日本国内ではクラミジアは性感染症の中でも感染者数が多く、ポピュラーな病気のひとつです。性的に活発な人や性風俗店を利用する男性であれば、感染す ...

2020年02月05日
抗生物質「ジスロマック」の効果は多岐に及ぶ!性病での炎症から呼吸器感染症まで対応

ジスロマックの有効成分はアジスロマイシンと呼ばれるマクロライド系抗生物質で、病原菌の細胞内でタンパク質を合成する働きを阻止します。細菌はタン ...

2020年01月17日
クラミジアで病院に行くのはハードルが高いなら治療薬を通販で個人輸入するのも一手

性器クラミジアに罹ってしまったら自然治癒することがありませんし、治療をしないで放置し続けると合併症を起こして重い症状が出ます。この病気は市販 ...

2019年12月28日
感染してすぐには分からない?クラミジア菌の潜伏期間は1~3週間

クラミジア菌の感染経路は性交渉で、性器に感染するケースが一番多いです。性器に次いで咽頭部(のど)の粘膜にも感染するケースが少なくありません。 ...

2019年12月11日
クラミジアがうつるのはどのような状況?パターンを知って自衛しましょう

性器クラミジア感染症は日本国内で最も患者数・感染者数が多い性感染症で、1年間で2万4千人以上が医療機関で診断されています。クラミジアの感染者 ...

2019年12月01日