• ホーム
  • 殺菌作用がある薬「クラビット」を安く手に入れたいならジェネリック

殺菌作用がある薬「クラビット」を安く手に入れたいならジェネリック

2020年05月23日

クラミジアなどの性感染症の治療のために、病院やクリニックではクラビットが処方される場合があります。これはジスロマックと同じ抗菌薬のひとつですが、咽頭クラミジアにも効果があるという特徴があります。性器と同時に咽頭クラミジアに感染した扁桃炎を繰り返している場合は、クラビットを服用すれば治療をすることができます。

クラビットの有効成分はレボフロキサシンで、ニューキノロン系抗生物質のひとつです。クラミジア菌や他の病原菌に対して強い抗菌効果を持ち、臨床試験では女性の性器クラミジアの治癒率が94%と非常に高い有効性が認められています。ニューキノロン系抗生物質はマクロライド系抗生物質とは違う仕組みで病原菌の増殖を抑えるので、ジスロマックを飲んでも効かなかった場合に服用することができます。薬の服用方法ですが、500mg錠であれば1回1錠を1日1回飲みます。性器クラミジアの標準的な治療期間は7日間で、毎日1錠を1週間にわたり決まった時間に飲み続けるようにします。

クラビットは医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、一般向けに販売されていません。病院に行かずに薬を購入したい場合は、通販サイトを利用して個人輸入する必要があります。クラビットは先発医薬品なので販売価格が高いですが、同じ有効成分が配合されたジェネリック医薬品を選べば安い値段で手に入れることができます。先発医薬品のクラビットだと10日分で3千円前後費用がかかりますが、ジェネリック薬であれば半額かそれ以下の費用で病気を治すことができます。

海外ではクラビットのジェネリック医薬品として、レボクインという錠剤タイプの飲み薬が製造・販売されています。レボクインの有効成分はレボフロキサシンという抗生物質で、250mg錠と500mg錠の2種類から選ぶことができます。クラミジアの治療に使用する場合は基本的にどちらでも構いませんが、500mg錠を選べば1日1錠を飲むだけで治療ができます。レボクインはまとめ買いをすると安い費用で購入することができ、クラビットと比べて半額以下かそれ以下の値段になります。ちなみにレボフロキサシン錠は性病以外にも歯周炎・ニキビ・マイコプラズマ肺炎などの細菌感染症にも高い治療効果があり、他の病気の治療にも活用できます。

通販サイトを利用して安い費用でクラビットのジェネリック医薬品を購入する方法ですが、サイトの検索機能を利用すると便利です。医薬品の通販サイトのトップページは必ず検索ウインドウが設置されているので、有効成分の名称(レボフロキサシン)で検索をすれば該当する薬が表示されます。